読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴読雨読:蟹蒲淑女

超インドア派のわたし。晴れの日も雨の日も自分の部屋が一番好き。loveかにかま。

私ハマりました♪まんが【ゴールデンゴールド】ネタバレ堀尾省太無料試し読みネタ感想あらすじ刻刻

goldeng1

ゴールデンゴールド】講談社モーニング

ゴールデンゴールド」の続きの記事とスマホで無料試し読み方法は

こちらへ ↓

www.masseffectcastcosplay.com

 

 

ゴールデンゴールドのネタばれあらすじ1巻前半

 

同じ学校に通う中学二年生の早坂琉花と及川君

彼はアニメが大好きでわざわざその空気を味わうために

離島から大阪にある有名なアニメ向けの店(アニメイト)にルカと2人で来ていたの。

 

ルカはここ大阪から寧島へ来た転校生だったの

その店で偶然にも前にいた学校の同級生に見つかった。

 

本人たちは気付いていたのにルカは無視するように視線を合わさず店の外へ

 

 

どうやらルカはクラスメートとはなじめずに、学校へ行っていなかったみたい。

 

 

しかも

及川とは同行してついてきただけだけど

気にかけられるのが嫌だったのかもね

 

コミュニケーションが苦手な子なのねルカは。

 

 

 

買い物が済んで

帰りのフェリーに乗り込む2人。

 

その船には作家の黒蓮と編集者も乗っていたの

彼らには目的があって、このだれも来ないような小さな離島の「寧島」に降り立ち、

廃れた田舎の島で都会の女がどう生きていくのか?

そんな構想に近い舞台として考えていたのね。

 

 

都会と田舎のギャップを作品に生かすために体験しに来たのも一つの理由だったの。

 

そんなときに、彼らは取材のため同船したルカと及川に話しかけたの。

 

 

 

だけど、挨拶する及川とは対照的にルカは彼の腕を引っ張りその場から去ってしまうの。

 

被害妄想が激しいのか、ルカは彼らが自分たちを小馬鹿にするのを感じたようだと及川にそう伝えたのだけど、

 

彼の返答から、ルカが心の声を伝えたのがキュンとくるわ。

 

f:id:hopefullisland:20160701223114j:plain

だけどね

及川君・・・気付かないし

しかも・・・

 

 

あんたそれだめじゃん(笑)

 

 

 

そんなやり取りも甘酸っぱくていいんだけどね。

 

 

 

実は、この作家さんたちが島で宿泊する宿の娘が

ルカだったのね。

そこでルカともう一度話しかけた時

その浜辺で何かの神様の形をした置物を拾うの。

 

 

この島では福の神伝説の言い伝えがあって、各家庭などで神様を祀るのはごく自然なことらしく、ルカはそれを拾って家に持ち帰り、洗剤を付けてきれいに洗おうとしたの

 

だけど、ヌルヌルがいつになっても取りきれずに、しまいには腕が取れてしまったりと

 

このままでは壊してしまいそうだから其処までにしておいたのね。

 

 

でも、なんでこんなものを持ってきてしまったのか

不思議に思ったルカだけど流れ着いた者同士ということで自分を納得させていたわ(笑)

 

 

日が変わって翌日にルカは福の神の置物をもって島の神社へと向かったの。

 

しかし、神社の神主が留守で一人管理人さんがいるのみ。

彼に置物について聞いてもよくわからないと。

 

捨てるのも罰あたりだし、適当にその辺の祠に安置しておくといいと言われそのようにしたのね。

 

 

見つけたのは草の茂みに隠れたボロイ祠。

 

 

ルカは、福の神を奉ったのでせっかくだからと手を合わせてお祈りしてみた。

 

 

「どうかアニメイトが建ちますように」

 

「及川が引っ越したくないくらいの・・・でっかいものが」

 

 

f:id:hopefullisland:20160701223206j:plain

と、祈り終わって顔をあげた瞬間。

 

 

 

さっきまで置いてあった祠にはご神体は無く

 

 

ルカの直ぐ傍でまさに生き返りましたって! 面持ちで立っていたのね。

 

そしてルカのもとへと一歩づつ近づいてくる・・・

 

 

 

これにはルカはびっくり仰天!

 

道路があるところまで坂道を転がるように降りて

自分の自転車に飛び乗りこぎ出したの。

 

信じられずに急ブレーキレバーを握り。

後ろを振り返ったとき。

 

足は500円玉踏んでいて。

ぺたぺたと足音を立てながら福の神が彼女の後を追ってくるではありませんか。

 

 

 

ルカは驚いて自転車を急発進をするも高速ぺたぺたを繰り出し福の神は付いてくる(笑)

 

 

f:id:hopefullisland:20160701223237j:plain

 (怖)(^_^;)

 

挙句の果てには自転車のかごに飛び乗ってしまうの!

 

 

その瞬間、自転車の車輪が段差にぶつかってそのはずみで、籠に入っていた福の神がガードレールを越えて海へチャポンと落ちて沈んでしまった。

 

 

 

そのまま、恐怖で張り裂けそうなルカは、自転車を立ちこぎダッシュで家へ帰ったのでした。

 

 

 

翌日、福の神のことが頭から離れず、友達に話しても怪訝そうに聞いていたのね。

学校の帰りも及川と一緒に昨日の出来事があった海を高台の道路から眺めてみたり、

結局なにも手掛かりはなく、ルカとしてはこのまま及川との一緒にいる時を止めたいと思っていたわ。

 

 

だって、彼は卒業したら遠く大阪へ行ってしまうかもしれないから。

彼のことを好きな、ルカの気持ちが遠い過去の私を思い出すわ。

 

 

結局そのまま、ルカは帰宅した訳だけど。

玄関を開けたら食堂が何にやら賑やかなのに気づくの。

 

 

作家たち2人はまだ宿泊していたのを思い出してこのことを相談しようと思い立ち食堂の引き戸を開けて部屋の中を見渡すと、なんとそこには・・・・・

 

 

f:id:hopefullisland:20160701223320j:plain

 

このあと、彼らには不思議なことが起こっていくのね。

 

 

謎に満ちた福の神には金や人間を集める力を持っていたのだけど

その神様の不思議な力はいいことばかりではないのよ。

なぜか着実にこの島を侵していくの。

 

 

この福の神の本当の目的とは何なのか?

それに巻き込まれる琉花や作家の黒蓮たちの行く末と、琉花の及川への恋愛感情も萌えてしまう私。本当に面白い。この先も目が離せない展開になっているわ。

 

 

ゴールデンゴールド」の続きの記事とスマホで無料試し読み方法は

こちらへ ↓

www.masseffectcastcosplay.com

よかったら本編も読んでみるといいわ♪

面白いわよ。

 

 

 

 鑫神奇譚

 刻刻を超える堀尾省太の最新作

 

金のような金

golden gold

 

意味は深いけど

とにかく面白くて続編期待ね!